<このブログの運営方針>

僕の『アンテナ』に引っかかった,モノ,事柄,イベント,思想,ムーブメントなどなど. ホントに“感じたままに”ダラダラ書いています. また,記事の中で紹介するモノには,一部『アフィリエイト』を含みます.

2006年07月07日

北朝鮮,日本の制裁を言語道断と非難...

<Livedoor News より>

北朝鮮の宋日昊、日本の制裁を言語道断と非難


【ライブドア・ニュース 07月07日】− AP通信によると、
北朝鮮の宋日昊日朝国交正常化交渉担当大使は7日午前、
平壌の人民文化宮殿で会見し、5日にミサイルを発射したことを受けて、
日本政府が万景峰号の入港を半年間禁止するなどの制裁措置を発動した
ことについて

「過去の清算をしない国が制裁措置を行うことは言語道断だ。
破局的な結果がもたらされるだろう」

と反発し、この措置を解除しなければ対抗措置を講じる構えをみせた。
共同通信など日本メディアとの会見で述べた。


  同大使また、5日のミサイル発射は軍事訓練の一環で、
今後も継続するとし、これに対して圧力を掛けるようなら、
強硬で物理的行動をとると述べ、昨日の外務省の声明の内容を
繰り返した。


===================================

さっすが,

国際社会では,なかなか言えないことを,ズバッと
言い切っちゃう所なんか,すごいよ.


日本に対して,「過去の清算をしない」って言い切っちゃって
いますが...


「日韓基本条約の関係諸協定,日韓請求権並びに経済協力協定」第一条で
日本は、無償援助1080億円(3億$)、有償720億円(2億$)、
その他民間借款で3億$もの大金を拠出しています.

現在価格にすると『2兆円相当』の援助なんだとか.
当時の韓国国家予算の1.5倍という巨額!

実は,このお金全額を「北朝鮮の分も...」ってことで,
韓国に払い込んでいるそうです.

なので,「清算」は,朝鮮同士でやってよねわーい(嬉しい顔)

参考サイト→韓国は本当に反日か?


北の国から 95 秘密



*記事の内容とは,特に関係ありません.

2006年07月01日

『靖国神社』について考える

FIFA W杯も,なんだか終わっちゃったようなマスコミの
静けさ...

日本戦以外には,全く注目もされないってことですかね...

サッカーなり,オリンピックなり,いやおうなしに,
各国の『ナショナリズム』を意識させられるイベント,
ありますよね.

『愛国心』とか,気にしてなくても,やっぱり
日本選手は心から応援したいし,表彰台で『日の丸』が
揚がると,ジーンときてしまいます.


『日の丸』や『君が代』.

サヨク的な考えの方からは,常に批判の対象にされて
しまいます.

NHKでは,トリノ五輪で荒川選手が『日の丸』をまとっての
ウィニングランを意図的に放送しなかったんだとか.

中韓朝への配慮だそうな...

って,他国の国旗がそんなに気に入らないもんかなって
思ってしまいますが.



最近妙に,韓中から攻められている『靖国神社』について
ちょっと自分なりに考えをまとめてみよ!って思いました.

解釈の違いや表現の危うさなどあるかもしれませんが,
さらっと流し読みでもしてくださいね.




そもそも『靖国神社』って,何なのさ?って方,
結構多いような感じがしますので,ここから掘り下げてみます.


明治2年6月に,東京・九段坂上の現在の場所に,社殿が仮設され,
明治維新の内戦で,亡くなった方の霊を慰める招魂祭が行われました.

当初は,『東京招魂社(しょうこんしゃ)』と呼ばれていましたが,
明治12年に改称されて,『靖國神社』と呼ばれるようになりました.

これ以降,国のために命を捧げた人達の霊をおまつりする施設と
して,今日に至る訳です.

→参考:日本人にとって『靖国神社』とは何か?




要は,戦争でなくなった方を奉る神社ですよ.

ここへ参拝することが,なぜ中韓朝の『標的』になるのか?
がポイントです.


中国の反応は...

【中国】靖国神社参拝に反対=外交部が声明

中国政府は、小泉首相が靖国神社を参拝するとの報道について、
いかなる形であれ、日本の指導者による参拝に反対するとの立場を表明した。

外交部は声明を発表し、「この問題に対する中国の立場に全く変更はない。
中国は日本の指導者が靖国神社でA級戦犯を参拝することに反対する」と
述べた。

---------------------------------------------------------------

はい,でてきました,『A級戦犯』.
ここが,中韓朝からの“ツッコミどころ”のようです.


同様に,韓国の反応は...


【韓国】靖国神社参拝に反発強まる

小泉首相が13日午後に靖国神社参拝を行ったことについて、
韓国内で反発が強まっている。外交通商部は声明を通じ、
「近隣諸国に被害を与えた戦争犯罪者に対し、参拝を行った事実に
憂慮を表明せざるをえない」と遺憾の意を表明。

与野党も論評を通じ、韓国を含む周辺国に苦痛を与えるなどと批判した。


---------------------------------------------------------------

両者とも,言ってることはほぼ同じ.
靖国神社に奉ってある,『A級戦犯』,『戦争犯罪者』が
問題のようです.



じゃあ,そもそも『A級戦犯』って何?ってことですね.

これには,こんな定義がなされています.

--------------------------------------------------
A級:侵略戦争の計画・実行者の平和・人道に対する罪

B級:交戦法規違反

C級:民間人の大量殺りくなど人道に対する罪
--------------------------------------------------

重罪 A級>B級>C級 軽罪 ってわけではなく,
たんなるカテゴリ分けでしょうね.

ぶっちゃけ,定食屋の『A定食』,『Bランチ』とかと,
同じ意味合いの,単なる“カテゴリ分け”です.


→参考 靖国神社:A級戦犯とは何だ!

今日の韓流通信:靖国問題を考える 第一回


しかも,このA,B,CのうちのA,Cは,当時国際法として
発行されておらず,『事後法』だったようです.→極東国際軍事裁判

“事後”ですから,フツーは無効なんですが,『戦敗国』とは
惨めなもの...連合国からの押し付け裁判で裁かれたという訳ですね.



1:“A級戦犯”という言葉は、日本の国内法に基づいて生まれた
言葉ではない.

2:東京裁判(極東国際軍事裁判)は,国際法を無視した不当な
裁判であったこと.

3:サンフランシスコ対日平和条約第11条中の「受諾」の意味は,
敗戦国としてやむなく刑の執行を約束したにすぎず,
東京裁判そのものを認めたのではない.

4:靖国神社は、国が「公務死」と認めたことを踏まえ一般戦没者と
同様に「昭和殉難者」として合祀している.

5:政府首脳は,東京裁判でいう“戦犯”を認めたような発言をしているが,
昭和28年当時から政府は“戦犯者”を、国内的には、犯罪人と認めていない.

→ 転載:靖国神社:A級戦犯とは何だ!


こんなことからも,特に“『A級戦犯』が奉ってあるから問題!”とは
言えないのがわかると思います.



よく,中韓朝は,『アジア諸国全体が日本を非難する』と,
のたまわり言いますが,ホントにそうでしょうか?

そこで,台湾の陳水扁総統の談話.


<陳水扁総統の談話>

小泉純一郎首相の靖国参拝については
「友好国である日本の指導者へのコメントは控えたい」と
前置きしながらも
「首相自身の決定には責任があり、指導者は常に行動に
伴う責任を自覚しなければならない。首相や日本の
主要な人々が知恵を出し合い、うまく解決すると信じている」と述べた。
-----------------------------------------------------------------
→『琉球日報』,『今日の韓流通信』に掲載されています.
-----------------------------------------------------------------

>日本の指導者へのコメントは控えたい

って言い回し,とっても親日的な表現ですね.

『(心の奥底では)ちょっと気に入らないけど,まあ,
内政干渉にもなるし,日本のことは日本で解決してね』って
感じでしょうか.



【タイ】簡単な報道に終始、小泉首相の靖国参拝

14日のタイの朝刊各紙は小泉首相の靖国神社参拝を国際面で伝えた。

英字紙「ネーション」が参拝に反対して小指を切り落とす
ソウルの韓国人の写真を1面下段に掲載したほかはいずれも
外電を伝えるにとどめ、タイ政府のコメントなどは掲載しなかった。

タイは日本と距離的に遠いうえ、第二次世界大戦中は同盟国として
日本に協力したという経緯があるためか、韓国や中国ほど反日感情は
強くなく、靖国参拝についてもタイ人の関心は薄いようだ。

-------------------------------------------------------------

タイ国民としては,何も関心を持っていないようです.
っていうか,韓国の『ユビツメ』しちゃう方が,
オカシイような反応でしょうか.




僕達,日本人は,じいちゃん,ばあちゃんの世代の
犠牲の上に成り立っている国です.

その尊い犠牲をないがしろにしている,って言うか,
中韓朝の口車に乗せられちゃってる今の時代.


そんな時代だからこそ,僕達へ託してくれたことを
しっかり受け止めていくこと,大事なんじゃないかな.



もう一度,『日本人であること』,『戦争のこと』,
『世界のこと』,ひとつひとつ振り返って,
自分なりに噛み砕いて,理解して行こうって,
そんなことを思います...



<関連サイト>

靖国神社 公式サイト

靖国神社もちゃんとサイトがあります.
参拝のご案内』,『靖国神社関係資料』なども.


今日の韓流通信

「阿麗」さんのザックリ,エグるような切り口で
『あの国』も『この国』もバッサリ!
ス,ステキ〜!


2006年06月18日

隣国との『付き合い方』

今日は,ちょっと“デリケート”なテーマについて
書いてみたいと思います.


小泉首相の『靖国神社参拝』など,アジア諸国,特に韓国,
中国からの強い批判にさらされていること,結構ありますよね.

韓国との領土問題となっている『竹島』とか,東シナ海での
油田開発など,近隣の国とくすぶっている感じはします.

韓国,中国から,強い口調で批判を受けると,
『やっぱり60年経っても,悪い事は風化されないんだな』とか,
思っていました.

戦争中に日本がした数々の悪事,軍事的侵略,略奪,虐殺など,
到底,風化できないことはやっぱり謝罪して,賠償して,
許しを請うべきなんだろうなって思ってました.

今まで,学校でもそう習ってきましたし,それが当たり前の
『感覚』なんじゃないかな?って思ってました.


そんな感情を持った方,一度このサイトを
見ていただきたいんです.↓

韓国は“なぜ”反日か?


うーん,なんか.スゴスギ.
でも,ちょっとホッとした気分になるのはなぜ?

書かれている内容を簡単にまとめると、


<韓国併合について>
・当時の李朝による政府は亡国寸前だった.
・韓国の併合は,韓国民に歓迎されていた.
・その併合は国際法に照らしあわせても合法だった.
・日本の援助により,飛躍的に「近代化」した.


<従軍慰安婦について>
・従軍慰安婦を初めに史実だと言い出し、問題を“作った”張本人は
捏造を暴かれ,言い出した本人が『全てフィクションです』と認めている.


<竹島について>
・明治37年隠岐島の住人が,竹島でアシカ猟を行うため
政府に領土編入を申請.
・明治39年 国際法に要求される諸要件を充足.
・昭和27年 韓国大統領 李承晩,海洋主権宣言により竹島の
領有権を一方的に主張.
・それ以降,韓国の不法な占拠状態が続く.


よくよく考えてみると,『日の丸』は焼かれる,踏まれる,
小泉首相の写真も破かれる...ってことするのは,
中国と韓国だけなのかも.

このサイトに書かれていることは,『100%ホント』では
ないかもしれないし,誇張されたり,歪曲されているかも
しれません.(自分で調べ直した訳じゃないですから)

でも『100%ウソ』ではないはずです.


なぜ,韓国民が日本を「目の仇」にするのか?
少しわかった気がしました.

今まで,『日本悪』をしっかりと教え込まれてきた世代ですから,
バランスを取る意味で,いろいろな情報に接した方がいいのかも
しれないですね.

肝心なことは,日本も言うべきことは,きちんと
言わなくてはならないし,いつまでも弱腰では,
アジアとの新しい関係も築けない.

韓国,中国のことをもっともっと知って,
次の世代へ「いい関係」を引き継いで行かないと.


<関連サイト>

朝鮮かんさつ日記

『基本スタンスは笑韓・呆韓』なんだとか.
ちょっと,表現に偏見がありますが,まあ,わからなくもない?!


パクリ大国

某隣国の『パクリ』実態についてのサイト.
ここまで来ると,ホント,スゴイとしか言いようがないかも...
笑える(^^)



反日マスコミが伝えない親日の話

マスコミが伝えない,日本に関する『ちょっといい話』.


・wikipedia:反日感情

できるだけ,感情論ではなく客観的に書かれています.
バランス感覚としては,いいサイトに感じます.



中国反日情報

中国での新聞記事などのクリップ.中国での日本に対する
感情など,いろいろ書かれています.



・朝日新聞:日中関係特集

日本における「反日」の旗頭の新聞です.


★厳選!韓国情報★


ここまで,日本がコケにされるのかと思うと,
悲しくなります...



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。