<このブログの運営方針>

僕の『アンテナ』に引っかかった,モノ,事柄,イベント,思想,ムーブメントなどなど. ホントに“感じたままに”ダラダラ書いています. また,記事の中で紹介するモノには,一部『アフィリエイト』を含みます.

2008年01月18日

とうとう『インフルエンザ』に...だけどスゴイ.

今日,会社から帰ってくると,下の息子(5歳)が,
ソファーで横になっていました.

ヨメに聞くと,今,医者から帰ってきたとのこと.

『インフルエンザ』の陽性反応がでちゃったんです.


熱が40度近くまで上がって,苦しそう...もうやだ〜(悲しい顔)
フトンを沢山かぶって,ウンウンうなっています.

今朝,幼稚園に送り出す時は,元気いっぱいだったのに...


ふと目を覚ました時を見計らって,薬を飲ませました.

最近,ヘンなニュースばっかり聞く『タミフル』です.


ところが,ところが,飲んでから30分も経つと,
むっくり起き上がり,ジュースをガブ飲み.

なんとなくは,だるそうにしてるものの,
お兄ちゃんが遊ぶDSを覗き込んだり,歩き回ったり
しています.!?

それだけ『タミフル』がよく効いたのか?

なんか,子供ってスゲえ.



<関連サイト>

・Wikipedia:オセルタミビル(商品名:タミフル)

オセルタミビル (Oseltamivir) は、インフルエンザ治療薬。

リン酸オセルタミビルとして、スイスのロシュ社(日本では
ロシュグループ傘下の中外製薬)により商品名「タミフル (Tamiflu)」
として販売されている。

A型にしか効果が無いアマンタジン(商品名「シンメトレル」など)
とは違い、A・B両型のインフルエンザに作用する(B型には効きにくい傾向がある)。

ただし、C型インフルエンザには効果がない。

また、致死率が高いトリインフルエンザにも効果があるとされる。




当然のことながら,薬の効き目には個人差がありますし,
副作用の事故例もあります.
ご注意の程を.


他にも,詳しい情報を掲載したサイトがあります.

・All About健康医療:インフルエンザ治療薬「タミフル」とは?

・Yahoo!Japanヘルスケア:タミフル

posted by aboo at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79337791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。