<このブログの運営方針>

僕の『アンテナ』に引っかかった,モノ,事柄,イベント,思想,ムーブメントなどなど. ホントに“感じたままに”ダラダラ書いています. また,記事の中で紹介するモノには,一部『アフィリエイト』を含みます.

2007年07月08日

『ゲド戦記』見ました.

7/4に,DVDが発売になった『ゲド戦記』.

子供達と一緒に見てみました.



ゲド戦記
ゲド戦記アーシュラ・K.ル=グウィン 宮崎吾朗 岡田准一

ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント 2007-07-04
売り上げランキング : 4


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



宮崎 駿氏の息子,宮崎 吾郎による,初監督作品.


原作者から手厳しい批判があったり,海外でも賛否両論
あったそうです.→Wikipedia:『ゲド戦記』(映画)

Amazonのコメントにも,ホントに賛否両論で分かれる
感じです.


僕の個人的な感想としては,今までの『ジブリ』作品とは,
“なんか違う”んですけど,まあ,それなりに面白いかなって,
いう印象した.


父である王を殺し,旅に出た主人公:アレンと,
世界の均衡を乱す原因を突き止める旅の途中のハイタカ(ゲド).

ファンタジーの世界としては,少し“奥行きが短い”感じも
しましたが,原作を読んでないので,何とも言えないですね.


でも,草原で歌う『テルーの歌』.
これは,本当に感動モノで,思いっきり引き込まれました.

なんか,アースシー(作品中の世界)に入り込んで,
空を飛んでいるような,不思議な感覚でした.



子供達に感想を聞いて見ると...

お兄ちゃん(7歳):『面白い.絵がきれい.』

弟(4歳) :『怖いから,早く消して!』(^^;)




<関連リンク>

『ゲド戦記』公式サイト

スタジオ ジブリの公式サイトです.



・Wikipedia:アーシュラ・K・ル=グウィン

『ゲド戦記』の原作者の詳しい情報が掲載されています.




ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文

原作者は,宮崎駿氏からアニメ映画化の話があった時には
断ったそうです.
でも,『となりのトトロ』を見て感激し,『宮崎駿氏なら...』と,
いうことでOKしたんだとか.

でも,息子の吾郎氏が監督をすることを聞いて失望したそうです.

結果,原作との差にかなりご立腹の様子...




・挿入歌:『テルーの歌』


テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)手嶌葵 宮崎吾朗 寺嶋民哉

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2006-06-07
売り上げランキング : 666

おすすめ平均 star
starコレで泣けなきゃ人間じゃない!!
star美しいメロディーと繊細な声
star「ゲド戦記」挿入歌。3タイプある同曲のうち、シンセ演奏のもの。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この歌には,すごく引き込まれました.

原作者も,『テルーの歌う愛らしい歌は、(アメリカ公開での)
吹き替えでもそのまま歌ってもらいたいと思うほどでした。』と
語っています.

↓予告編の動画で聞くことができます.(you tube)



posted by aboo at 23:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47160668

この記事へのトラックバック

『ゲド戦記』
Excerpt: ネットでの下馬評がいまいちっぽかったので、覚悟を決めて観に行ったのですが、いやいやそんなに酷評することないんでは?? たった一つのことを除いて楽しめましたよ。 スタジオジブリ作品『ゲド戦記』でござ..
Weblog: 山鶴正宗
Tracked: 2007-07-09 07:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。