<このブログの運営方針>

僕の『アンテナ』に引っかかった,モノ,事柄,イベント,思想,ムーブメントなどなど. ホントに“感じたままに”ダラダラ書いています. また,記事の中で紹介するモノには,一部『アフィリエイト』を含みます.

2007年06月28日

一度は見て欲しい映画:『硫黄島からの手紙』

“見たい,見たい”と思いながらも,
結局,映画館での公開に行きそびれて見れなかった,
『硫黄島からの手紙』,DVDでようやく見ました.


第2次大戦末期,(1945年2月16日〜1945年3月26日)

食料も,水も,武器弾薬もない状況で,36日間も
戦い抜いた『日本の誇り』とも言える戦闘でした.


硫黄島が,軍事的に重要な拠点となり,ここを死守
することで,本土への爆撃を遅らせられるという,
重要な意味を持っていました.


灼熱の中,地下道を掘り,訓練に明け暮れる毎日.

そこへ怒涛のごとく押し寄せる米軍.


生と死.親と子...

軍人である前に人間であること.

そのために,戦闘を躊躇してしまうこととの葛藤が,
すごくリアルに描かれています.

帝国軍人として名誉ある死を選ぶものもいれば,
生きることに執着するものもいる.

その中で,常に心がゆれ動き,故国を思い,
妻を思い,子を思う.

今の日本は,彼らの犠牲の上に成り立っていると
いうことを,忘れてはならないし,子供達にも
キチンと伝えていきたいです.


日本人なら,一度は見て欲しい映画です.




硫黄島からの手紙 期間限定版
硫黄島からの手紙 期間限定版渡辺謙 クリント・イーストウッド 二宮和也

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-04-20
売り上げランキング : 625

おすすめ平均 star
star素直によい映画だったと思います
star悲しい映画
star戦争はあくまで国と国の戦いだと実感できた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



栗林忠道 硫黄島からの手紙
栗林忠道 硫黄島からの手紙栗林 忠道 半藤 一利

文藝春秋 2006-08
売り上げランキング : 51775

おすすめ平均 star
star遺書として戦地から書き送られた41通の手紙
starアメリカ軍が恐れをなした名将は優しいお父さんだった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




<関連サイト>

・Wikipedia:硫黄島の戦い

日本軍は20,933名の守備兵力のうち20,129名が戦死.

アメリカ軍は戦死6,821名、戦傷21,865名の損害を受けたそうです.

太平洋戦争後期の島嶼での戦闘で,アメリカ軍地上部隊の損害が
日本軍の損害を上回った唯一の事例だそうです.




・Wikipedia:栗林忠道

映画では,渡辺 謙さんが演じた栗林中将.
彼の功績は,アメリカからも賞賛されたそうです.

アメリカへの留学経験もあり,日米開戦には否定的な
立場だったとのこと.




父親たちの星条旗 (特別版)
父親たちの星条旗 (特別版)ライアン・フィリップ クリント・イーストウッド ジェシー・ブラッドフォード

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-05-03
売り上げランキング : 522

おすすめ平均 star
star全くもってつまらない
star国家によってつくられた英雄たち
star戦争に英雄などいない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『硫黄島からの手紙』が日本から見た視点で描かれているのに
対し,『父親からの星条旗』は,アメリカからの視点になっています.

→2006年11月11日投稿:『父親達の星条旗』見てきました.
posted by aboo at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。