<このブログの運営方針>

僕の『アンテナ』に引っかかった,モノ,事柄,イベント,思想,ムーブメントなどなど. ホントに“感じたままに”ダラダラ書いています. また,記事の中で紹介するモノには,一部『アフィリエイト』を含みます.

2007年05月18日

『赤ちゃんポスト』やむなし...と考えます.

熊本にある慈恵病院で,“赤ちゃんポスト”がスタート
しました.

事情で,赤ちゃんが育てられない親が匿名で赤ちゃんを
入れると,病院が保護してくれるようです.

直感的には,『はぁ〜?』って思っちゃうんですが,
幼児虐待とか頻繁に耳にするご時世ですからねぇ.

やむをえないというのが,正直な感想.



例えば,全部の親が子供を立派に育て上げることが
『100点』だとします.

育児を放棄しちゃうとか,虐待しちゃうとか,
そういう事態を『0点』とします.


この赤ちゃんポストに入れることは,善ではないし,
絶対に『100点』ではないけれども,『0点』よりは
マシってことかなぁ.


ホント,悲しいけど,これが現実.



このポスト設置初日にこんなことがありました.↓


------------------------------------------------------------

赤ちゃんポスト:預けられた男児「福岡から来た」:毎日新聞

 熊本市の慈恵病院に国内で初めて設置された「赤ちゃんポスト
(こうのとりのゆりかご)」に3歳とみられる男児が預けられていた
問題で、男児は「福岡から来た」「(父親から)『かくれんぼをしよう』
と言われ(入っ)た」と、住んでいた場所と、ポストに入った
経緯を話していることが関係者の話でわかった。

 また、男児は新品の服を着ていて、病院のスタッフがポストの中に
駆けつけた時には、ニコニコと笑っていたという。

虐待などを受けた形跡はなかった。

16日現在、関係各機関に男児の身元にかかわる情報は入って
いないという。

 男児は、運用が始まってから約3時間後の10日午後3時ごろ、
ポストの中にいるところを発見された。
--------------------------------------------------------

さすがに病院関係者も,3歳の子が入れられることは
想定してなかったんじゃないのかな?

でも,もしかすると,ここに連れてきたお父さんは,
既に自殺してる可能性もある訳で.

そうなると,『親子心中』となるのが,子供の命は
助かって,“赤ちゃんポスト”の存在意義があったという
ことになりますね.


このポストが使われることがない世の中が理想なんですが,
なかなかそうは行かないのが,世の常でしょうか...




<関連サイト>

慈恵病院

“赤ちゃんポスト”と呼ぶのは,抵抗があるのか,
『こうのとりのゆりかご』として紹介されています.



バイクのメットインに1歳の息子入れパチンコ・買い物→息子死亡:『痛いニュース』より

本当に,悲しいニュースが続きます.
子供達を助けてあげたい...



posted by aboo at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。