<このブログの運営方針>

僕の『アンテナ』に引っかかった,モノ,事柄,イベント,思想,ムーブメントなどなど. ホントに“感じたままに”ダラダラ書いています. また,記事の中で紹介するモノには,一部『アフィリエイト』を含みます.

2006年02月03日

有識者が,『ライブドアに物申す』!

ポータルサイト『ライブドア』内に,
有識者の意見を掲載したブログがアップされています.

ライブドアに物申す


===以下 抜粋====

当社では、上記の認識に立ち、メディアとしての自浄能力、
自己批判能力を発揮すべく、今回の「ライブドア事件」に関し、
各界の有識者、オピニオンリーダーからの寄稿を頂き、
それを当社への直接的および間接的な影響度に関係なく、
ありのままの全文を掲載する企画を立ち上げることにいたしました。

========

自分で自分を省みるって,面白い試みですね.

やっぱ,こういうところって既存のマスコミには
ないもんなあ.

『脱ホリエモン』色を明確にしていきたいんだろうなあ.

著名人への質問の内容は,下の4つ

・会社「ライブドア」について
・「ライブドア事件」について
・「堀江貴文」という人物について
・その他、ご意見・ご指摘等

するどくエグったコメントもあり,
それぞれ違ったモノの見方は,『へぇ』って,
感じます.


結構,共感できたコメントは,ベストセラー書,
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』の著者,
会計士の山田 真哉さんのエントリー

====================================================
社長や広報のマスコミ露出や自社のブログを
普及させることによって、『ライブドア』の
ブランド価値を上げ、その知名度を既存の
会社と結びつける、というなかなか面白い
ビジネスモデルだったと思います。
======================================================

確かにそうですね.

今までにない,『ビジネスモデル』としては,すっごく
新鮮でした.
それに,視聴者やマスコミも,乗せられていきましたよね.

今思えば,『近鉄買収』とか,『ニッポン放送』とか,
全部,株価操作のための策だったと思うと,非常に
納得できますね.

他にも,TV番組への出演とか,衆議院選出馬とかも.

うーん,これも,新しい『ビジネスモデル』?!



<関連サイト>






<06/02/06:追記>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。