<このブログの運営方針>

僕の『アンテナ』に引っかかった,モノ,事柄,イベント,思想,ムーブメントなどなど. ホントに“感じたままに”ダラダラ書いています. また,記事の中で紹介するモノには,一部『アフィリエイト』を含みます.

2008年12月01日

「容疑者Xの献身」/東野圭吾

最近、映画でも話題になってる「容疑者Xの献身」です。

映画館で見たい気もするんですが、それほどのこともない
気もして、とりあえず、原作本を読んでみようかと。


容疑者Xの献身 (文春文庫)
容疑者Xの献身 (文春文庫)東野 圭吾

おすすめ平均
stars映画などより……
stars感動をもトリックとする虚無感
stars憎めません。。。
stars最後の種明かしは衝撃的
stars急転直下の結末に、最後まで疑問は晴れず・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




で、感想なんですけど、泣きそうになりました

最後の最後で、全部の真実が描かれて、ホント震えちゃう
くらいの感動モノでした。


文庫本のオビを見ると、

------------------------------------------------------------

運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。

これほどまでに深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。
この世に存在することさえ知らなかった。


全ての真実を知ったとき、胸の震えが止まらない。

------------------------------------------------------------

ええ、正にその通り!

ホントにヤバイくらいの衝撃でしたね。
最近読んだ本の中でイチバンかな。


内容(「BOOK」データベースより)

天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた
高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に
秘かな想いを寄せていた。
彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、
二人を救うため完全犯罪を企てる。
だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の
湯川学が、その謎に挑むことになる。
ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。



今までのガリレオシリーズ、全部短編でした。
丁度、テレビドラマ1時間分にぴったりのような、
そんな長さでした。

初の長編ということで、今まで描ききれなかった、
「心理描写」がより深く表現されてると言うか、
そんな感じですかね。

石神の普段何気ない行動の変化から、心理の奥底まで
読み解く湯川が、痛快そのものですね。

いいなあ、頭のいい人って。

作者の東野圭吾氏は、元エンジニアだけあって、
数学、物理分野の描写がすごく深い!

論理的で、すごく納得しながら読みすすめて
いけるので、「これがこの後どうひっくり返るのさァ」って
ドキドキ感があります。

人の論理を「罠」にはめていくトリックが、
ここまで緻密に展開されるってのは、スゴイの一言。


これは、超オススメの1冊です。



<関連サイト>

・映画「容疑者Xの献身」公式サイト

石神役が堤真一ってキャスティング、なんか違和感が...


・wikipedia:「容疑者Xの献身」




posted by aboo at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言いたいこと全部言ってくださるようなレビューに胸が震えました(本当)
男心の勉強に…と薦めてもらって読んだのですが
実際に泣けました 献身の意味がわかった時に。
映画のキャスティングも同じように感じました
堤真一だったら はじめから恋芽生えちゃいますよね
Posted by yukako at 2009年01月16日 16:33
コメント、ありがとうございます。

そんな、ホメスギですよ。
って張り切って、次のレビュー書いちゃお。

「人を愛する」ってこんなに深いこと
なんだなって痛感しました。

何気ないことが、愛する人にとっては、
重要なことなんだなって。

原作を読んだ後、映画のPRを見て、
「堤真一」はカッコヨスギと思っちゃいましたね。

もっと加齢臭がしそうな、ふてぶてしそうな、
うーん、誰だろ、ドランクの「塚地」とか?

yukakoさんなら、誰だったらいいですかねェ?
Posted by aboo at 2009年01月16日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110477019

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。